資格・検定・採用試験の[iPhone&Android]問題集

資格や検定、採用試験などの問題集を紹介します。

賃金業務取扱主任者 問題集【575問】※解説あり(iPhone&Android)

スマートフォン(iPhoneAndroid)やPCのWEBブラウザで

問題を解くことができます(無料)。 こちら

f:id:textrain:20140713063513p:plainf:id:textrain:20140713063533p:plain

問題を解く

iPhoneアプリ版はこちら

 

★賃金業務取扱主任者 の問題集を収録している
Androidアプリは こちら

f:id:textrain:20140713063513p:plainf:id:textrain:20140713063533p:plain

 

【出題範囲】

連帯保証,利息,民事訴訟法第7編に規定する督促手続,民事執行法に規定する債務名義,民事再生手続,民事,暴力的要求行為,暴対法,保証契約,保証,弁済,返済能力調査,物権変動,物権,不当景品類及び不当表示防止法の規定,不正競争防止法,不正アクセス禁止法,犯罪による収益の移転防止に関する法律,反社会的勢力,破産法の目的,破産,日本貸金業協会,内閣総理大臣,倒産処理手続き,登録申請,登録の変更,抵当権,賃金業務取扱主任者,担保,代理,貸付条件等及び標識の掲示,貸付条件,貸付広告の規制,貸付けの契約に基づく債権の譲渡又は取立て,貸金債権の消滅時効,貸金業務法上の用語の定義,貸金業務取扱主任者,貸金業法第3条1項に規定する登録,貸金業法第3条,貸金業法第37条が規定する貸金業協会の協会員の資格及び加入の制限,貸金業法第19条の2に規定する帳簿の閲覧,貸金業法第19条に規定する帳簿,貸金業法第19条,貸金業法第13条の2第2項に規定する個人過剰貸付契約,貸金業法第13条,貸金業法第10条に規定する廃業等の届出,貸金業法上の用語の定義,貸金業法が規定する罰則,貸金業法,貸金業者を監督する場合に留意すべき着眼点,貸金業者の義務等,貸金業者の監督,貸金業者による取立て行為,貸金業協会,貸金業の登録,貸金業の業務の適切な運営を確保するための措置に,貸金業の業務,相続,相殺,条件と期限,消費賃貸,消費主契約法,消費者信用の融資費用に関する不当な表示及びその運用基準,消費者契約法,少額訴訟手続き,商行為,処分と罰則,手形訴訟,手形,取締役会設置会社(委員会設置会社ではないものとする),取り立て行為,資金需要者の返済能力の調査,指定信用情報機関,財務会計,債務不履行,債務の弁済,債権譲渡,債権の譲渡又は取立ての委託,債権,顧客調査,個人信用情報の提供,個人情報保護に関するガイドライン,個人情報の保護に関する法律,個人情報の安全管理対策,個人過剰貸付契約,景品表示法,契約書面,契約の成立,契約の取消し又は無効,契約,極度方式基本契約,業務運営,強制執行,期間,企業が作成する決算書,監督指針,完全施行日後の利息制限法,株式会社の監査役,会社,過剰貸付け等の禁止,家計,運営を確保するための措置,遺言,意思,キャッシュフロー計算書,「貸金業法第19条に規定する帳簿」,「貸金業法第18条第1項に規定する書面」